大人も子どもも楽しめる【日帰り温泉】で、娯楽費の節約!

我が家は宿泊を伴う旅行は年2回。
その他に、月に一度平日に半休をとって日帰り温泉を利用しています。

 f:id:chamano1:20180726202058p:plain

有給休暇の節約にも

以前は時々1日有給休暇をとってお出かけしていました。

私の仕事は土日祝休みなのですが、平日の方がどこも空いていてゆっくり楽しめますよね。
でも、有給には限りがあるので、1日お休みを取ると毎月というわけにはいかず…

そして、お出かけから帰る際の「楽しみが終わっちゃったね…」という息子の言葉から、半日休で毎月お出かけするスタイルに変えていきました。

 

娯楽費の節約

宿泊すると大人1人1万円前後かかるリゾートホテルや温泉旅館。

日帰り温泉利用なら、1人千円前後で済ませられます!

しかも、子どもが喜ぶゲームコーナーなどの館内施設も利用でき、1日楽しむことができます。

公衆浴場も時々利用します。近頃の公衆浴場は、イベントなど催しが豊富で楽しめるところ、たくさんありますよね。

 

子どもは喜び、大人はリフレッシュできる

子どもが小さいと、目が離せなくてゆっくり温泉を楽しむのは難しいですが…

でも、オンオフの切り替えに温泉ってすごく良いと感じています。毎月温泉に行って楽しく過ごして、よーしまた頑張ろう!と思えます。

子どもはとにかく終始はしゃいでいます。息子は3歳の頃から温泉大好きです♪

 

知らない人に声をかけてもらえる

息子と温泉に行くと、普段のお出かけよりも多くの方に声をかけてもらえます。特におばあちゃん。息子も喜んでお話しています。お年寄りと交流できるのって嬉しい!

 

遊んだあとは温泉でさっぱり!

リゾートホテルでも旅館でもない、温泉地の温泉に行くこともあります。そんな時は、事前に調べて近くの大きな公園や遊べる施設へ。

たくさん遊んだ後は温泉で汗を流し、リラックスモード!

息子はいつも帰りの車でぐっすり。そのまま朝まで眠ってしまうこともあるので、簡単に食べられるおにぎりなどを用意しています。

 

子どもは午後休が好き!

午後休の場合、保育園のお迎えはちょうど給食を食べ終わった頃になります。その頃お迎えに行くと、いつもより断然嬉しそうな息子。「ねないで帰れる!」ことが特別なようです。

先日は代休が取れたので1日お休みしたのですが、その時も、「え〜、ご飯食べたあとに寝ないで帰るのがいい!!」と。

でもこれわかる!私も午後休大好き!

午前中で帰れるという解放感、他ではなかなか味わえない感覚ですよね。子どももおんなじなんですね〜。こういう感覚って大事にしてあげたい。

 

毎月決まった楽しみがあるということ

楽しい予定が終わってしまうとさみしいものです。それは大人も子どもも一緒ですよね。

毎月一度日帰り温泉!と決めることで、楽しい一日(半日)が過ぎたさみしさはあるけれど、来月はどこに行こうか?と考える楽しみが生まれました。

息子が大人になるまでに記憶として残るのは少しだと思いますが、ほんのり楽しかった思い出として残ってくれたら嬉しいなと、また来月の予定を考えています。