子どもと歩こう!メリットがいっぱいの【歩育】

私は車社会の地方在住です。子どもが2歳位まで、移動手段は主に車。

大きくなるにつれて体力が有り余って夜眠れない息子。ある時、保育園から歩いて帰ってみよう!と思いつきました。

案の定抱っこ抱っこの息子…

そこでふと、小さい子どもって何キロ歩けるものなのだろうと疑問に思いました。

 


f:id:chamano1:20180717231752j:plain

 

幼児は何キロ歩ける?

正解は、年齢✖️1キロ!だそうです!

なんだ〜結構歩けるんじゃん!無理させてるのかと思ってたけど、歩こう歩こう!

それから歩く特訓。抱っこ〜と甘えてきたら抱っこするけれど、あの看板までね、などと決めて降ろす。

そのうち歩ける距離が増えてきて、3歳頃には2キロ位なら余裕で歩いてくれるように!

 

一緒に歩くことを楽しむ

歩くのが苦ではなくなった息子、次第にいろんな楽しみを見つけるようになりました。

散歩中の犬を見つけて話しかけたり、蟻の行列を観察したり、鳥の大群を見て喜んだり、木の実を拾ったり。縁石の上を歩いたり(子どもって好きですよね)、土を触ったり綺麗な花を摘んだり。

雨の日はレインコートに長靴を履いて傘をさして歩くのが楽しいようで、そんな姿を見ていると雨なんて憂鬱でしかなかった私もほっこりします。

また、帰りに商店街を通るのですが、声をかけてくださるお店の方が多くて。八百屋さんで干ししいたけを頂いたり、文房具屋さんでアイスを、靴屋さんでバナナを、と、なかなか楽しい。

頂いてばかりでは申し訳ないので、時々お菓子を持っていくのですが、それも息子にとって楽しみのひとつになっているようです。

地域の方とのふれあうことで、様々な人との関わり方や思いやりの気持ちを学んで、心豊かに成長してくれるといいなと思います。それも歩くことの魅力のひとつです。

 

歩くことで体力アップ

当然ですが、歩くことで体力がついた!

保育園で集団生活をしているので風邪をもらうのは避けられませんが、熱を出すことが格段に減りました。

 

語彙力増加・感性もより豊かに

一緒に歩いていると自然と親子の会話が増えます。そのせいか、元々おしゃべりだった息子。さらにおしゃべりになりました( ̄▽ ̄)

空を見上げて「飛行機雲だよ!」、お花が咲いているのを見て、「お母さん見て!綺麗なお花」などと、発見したものを誇らしげに教えてくれるのも可愛いです。

 

学習能力向上にも?

人間は直立歩行するようになったことで脳の容量が増え、歩くことで筋力がつき、脳に送り込む酸素が増えることで更に脳を発達させたそうです。

そう考えると頭が良くなるというのも納得!

私は教育ママでは(全く)ありません。でも、一緒に楽しく歩くだけで学習能力が上がるなんて、なんてお得なの!

 

無理せず楽しめる範囲で歩こう!

とは言え、育児をしているとなかなかゆっくり時間が取れないのも現実。

特に働くママだと、勤務終了から夜子どもを寝かせるまでは時間との戦いだったりしますよね。

仕事して疲れてるところに、寄り道ばかりの子どもと歩くのってかなり疲れます。

私も毎日は無理!現在は週2、3回は歩いて帰り、残りはバスまたは車で(子どもとバスに乗るのもなかなか楽しいです)。お休みの日はゆっくり時間を取って歩いてお出かけをしています。

歩育でたくさんのメリットを享受しながら、今しか見られない・聞けない我が子のかわいい姿やかわいいおしゃべりを満喫したいと思います♡