子供服の名前つけはKITTAが便利!

幼稚園・保育園に着ていく洋服のお名前つけ。便利なアイテムがたくさん売られていますよね。

私も色々使いました。そして、最終的にたどり着いたのがキングジムから発売されているKITTAです。

検討したけど購入に至らなかったアイテム

まずはいいなーと思ったものの買わなかったもの。

お名前スタンプ

名前もデザインも可愛いものがたくさんありますよねー。しかもペッタンするだけ!友人からもらったお下がりの洋服のタグについていて、可愛いなー♡と思っていました。

でもよくよく考えてみると、あのたくさんのスタンプセットを息子に見つからないようにしまっておくのって大変。見つかったら最後、そこら中名前だらけになること必至。

そして名前をつけたい時にいちいち出すの面倒そうなんでやめました。

お名前シール

シールも可愛いのたくさんありますよね。プリクラみたいな機械で手軽にプリント出来ちゃうのもあったり。

ただ、タグにくっつくかな。そして費用的な問題でやめました。

 

使ってみた名前つけアイテム

マッキー

まずは原始的に細いマジックで。笑

タグに名前を書くと…紙っぽいタグならいいんですが、布タグだとダメですね。めっちゃ滲む。すぐにやめました。

布用ペン

手芸屋さんで見つけて購入。これは良いです!布に書いても本当に滲まない!!

f:id:chamano1:20180903224014j:image

愛用しすぎて字が消えています。

今でも下着や靴下などの消耗品は、この布用ペンを使っています。

マスキングテープ

マスキングテープを集めるのにハマった時期があって、色んな柄のマステに名前を書いてタグにぺったんこしてました。

でも、マステによっては粘着力が弱くて洗濯するとすぐに取れちゃったり、はたまた粘着力が強すぎて、剥がす時にタグのベタベタが取れなかったり… 

そこでKITTAですよ。

 

KITTAを使うメリット

可愛い柄に気持ちが上がる

何種類ものデザインが発売されているKITTA。しかも、時々新しいデザインが新発売されることも。

可愛い子ども服に可愛いテープで名前をつける時間は、ちょっぴり幸せです。

かさばらずに収納できる

小さなカードのようなケースのKITTA。使わない時は引き出しの中へ。

f:id:chamano1:20180903224052j:image

使うときは、はがして貼るだけ

時間のある時に全てに名前を書いてしまいます。そして、使いたい時に1枚はがして貼るだけ。

f:id:chamano1:20180903224102j:image

新しく洋服を購入した時、忙しい朝に名前つけをしていないことに気づいた時、引き出しからサッと出してピッとはがしてペッタン!

どうですか?めっちゃ便利だと思いません?(´∀`)

f:id:chamano1:20180903224116j:image

こんな風にタグに巻きつけるようにして貼ると、洗濯してもはがれにくくなります。

粘着力がなんともいい感じ

強すぎず弱すぎず。

何回も洗濯していると、正直言ってはがれる時もあります。けどそんなときはまた、サッと出してピッとはがしてペッタンですよ。

はがした時にテープの跡と粘着剤が残らないところもお気に入り。何でそんなにいいかって、それは…

お下がり・フリマに出すのに最適

ってことです。

 

chamano1.hatenablog.jp

 

親戚や友人にお下がりするにも記名はない方が喜ばれそうだし、メルカリに出品する時記名があると、それだけで価値は結構下がります。

KITTAで名前をつけて、サイズアウトしたらはがす。記名の痕跡がほとんど残らないので、次にその洋服を着てくれる子のお母さんも、ちょっぴり気分がいいんじゃないかな〜なんて思ってます。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

これから秋冬物の新しい子供服の名前つけに、ぜひ使ってみてほしいなと思います。

ちなみに、こちらの3つセットが一番お得でおすすめです。


 

余談ですが、子ども目線で考えた時、お母さんの直筆で書かれた自分のなまえって、無機質なものよりちょっと嬉しいんじゃないかなと思ったりします。

洋服以外にも今後たくさん機会があると予想される名前つけ。できるだけ愛情こめて自分の手で書いてあげたいなと思います。