夢の世界で出会う人は現実世界でも絶対に出会っているらしい

最近寝ても寝ても眠いです。完全に睡眠の秋。

それはそうと、夢の中で知らない人に恋をしたことが何度かあります。経験したことがある人、多いのではないでしょうか。起きた時のあの切ない感じ。

でも、いつだったか衝撃的な話を聞きました。

 

夢に出てくるのは現実で会ったことがある人のみ説〜

正確にいうと、現実で見たことがある人しか、夢に出てこられないそうです。

でもあの時のあの人、知らない人だったよ!って思いますよね?

脳は覚えている

普段意識していなくても、目から視神経を通り脳に送られた視覚情報は、脳に蓄積されます。

思い出せないだけで、脳には情報として残っているのです。

すれ違っただけでも覚えている

これは本当に衝撃でした。外ですれ違っただけの人でも、脳は記憶しているそう。いちいち顔を見ていなくても、視野に入っているだけで。

ってことは…あの時のあの人、いつどこですれ違ったんだろ〜⁈

f:id:chamano1:20181004220321p:image

 

睡眠はなんのためにとるのか

身体を休めるというのはもちろん、睡眠には生きていくために必要な情報処理という側面もあります。脳に蓄積された過去の記憶を取り出して、情報の取捨選択をしているそうです。

その際に出てきた記憶の断片がつなぎ合わされたものが夢。記憶という倉庫を掃除していてたまたま出てきたものを並べてみた、って感じですかね。 精神状態にも左右されますが、ほぼランダム再生。

そんな夢に出てくる見覚えのない人って、よほど(脳が)タイプだったか、衝撃的なルックスだったのでしょうか。

いずれにしても神秘的。

 

メンタリスト

海外ドラマのメンタリストにハマっていた時期があります。

この作品の中で、催眠術を使って、ある時間に見た光景を、まるでカメラでとった動画のように細部まで思い出すシーンがありました。

このことからも、人は視野に入った光景を意識せずとも記憶しているとわかります。すごいですよね。なかなか探し物が出てこない時、メンタリストを呼びたくなります。

ちなみに、特にこういう話が好きな方にはメンタリストは超オススメです!今まで見た中でダントツで一番面白い海外ドラマです。推理・喜劇・恋愛・友情等々多岐にわたるジャンルを網羅するこのドラマ、寝不足注意です。

 

まとめ

夢の中で出会う見覚えのない人は、実はどこかで出会っている。覚えてないけれどどこかで見かけた人に対する束の間の恋、素敵です。

さーて、今日はどんな夢が見られるかな。