【紫斑病】女性に多い?原因は?発症から完治まで

2年前の夏、それは突然起こりました。

原因も特定できず、とてつもない不安に陥った紫斑病の話です。

f:id:chamano1:20181016181143j:image

 

発症

ある日突然

その日は風邪気味の息子を小児科に連れて行く予定で、急いで保育園にお迎えに行きました。

病院に向かっている時、左腕の内側に赤い点々があることに気付きました。

その時はなんだろコレ?と思うくらいでさして深くは考えなかったのですが、小児科の先生についでに相談してみることに。

結果、先生からも重い荷物を腕にかけたからじゃないか?との軽い返事。ん〜今までこんなことなかったんだけど…まぁ先生が言うならそうなのかな。急いでたしなぁと一応納得。

増える点々

翌朝息子を保育園に送り届け、職場について視界に入った自分の腕にびっくり仰天。

両腕に赤い点々がびっしり…何これ…そしてかゆい。すごく強いわけではないけれど、軽い蕁麻疹のようなかゆみ。

職場の同僚たちに見てもらったけれど、みんな「こんなの見たことない」と。そしてとても心配してくれて、その日は午後早退させてもらいもう一度病院を受診することに。

しかし、先生からは「子どもを抱っこしたでしょう?だからだよ」と。

子ども抱っこしただけでこんなにならなくない?

しかし気にすることではないと言われ、納得いかないまま帰宅。

圧力がかかると出る

それから毎日点々は出てはいつのまにか消えるを繰り返していましたが、ある時、先生の言う通り、子どもを抱っこすると出ると気付きました。

そして、子どもを膝に乗せていると、足にも出るようになりました。

圧力をかけると出る。ということは、内出血しているということ。…どうして?(>_<)

 

紫斑病とは?

不安で調べまくった結果、紫斑病という病気に行き当たりました。

皮膚に赤紫色の出血斑(紫斑)ができやすくなる病気を紫斑病といいます。

引用元: 時事メディカル・家庭の医学

似ているというか、写真を検索するとほぼ一致しているものがたくさん。

紫斑病の種類

急性型

子ども、特に男の子に多く発症。

多くは3ヶ月以内に自然治癒する。

慢性型

20〜40歳の女性に多く発症。

症状は半年〜数年間に及ぶ。

アレルギー性紫斑病

子どもに多く、男女差はない。

かゆみを伴うこともある。

 

セカンドオピニオン

毎日気になって仕方なくて、しかも見た目もかなり気持ち悪い。

そして1ヶ月後には肘下・足全体に紫斑が出るようになってしまいました。

だけど息子は当時2歳。だっこしないという選択肢はなくて、本当にどうにかしたい気持ちでいっぱいでした。

そこで、別の内科を受診します。発症から1ヶ月後のことでした。

不安な日々

病院を変えて診てもらったところ、「なんだろうね?紫斑病かな?でもちょっと心配だから血液検査しましょう」 

えっ!血液検査⁈

紫斑病との診断をもらえるとばかり思っていたので、心がザワザワし始めます。

しかもこの日はお盆休み前だったので、検査結果が出るのは10日後。

もしも何か血液の病気だったら…シングルマザーなのに万一のことがあったらどうしよう…。よせばいいのにまたしてもネットで検索しまくり、鬱々とした日々を過ごしました。

検査結果

ドキドキしすぎて気分が悪くなりながら、結果を聞きに行きました。

結果は、

  • 白血球・赤血球等の数値は問題なし
  • タンパク質の数値がちょっと低い

先生も「よかった〜!」と言ってくれて、ホッとして力が抜けたのを覚えています( ;∀;)

タンパク質に関しては普段の食事で多めに摂るように心がけることを念押しされ、血管を強くするためのビタミンC製剤を1ヶ月分処方してもらい、ルンルンで帰宅しました。

帰路はなんだか世界が違って見えました。紫斑病という謎の病気になってしまったのは確かなのに。

健康って大事!!

 

完治まで

2ヶ月経過

それから1ヶ月、発症から2ヶ月後ですね。毎日ビタミンCの錠剤を飲み、毎日意識してタンパク質を多めに摂っていましたが、相変わらず紫斑は出ていました。

けど、慣れってこわい。この頃には、「あ、また出た。今日は抱っこが多かったからなー仕方ない」程度にしか思わなくなります。

そして季節は秋に。長袖を着る機会が増えていったことで更に気にならないようになりました。

4ヶ月経過

この頃から、抱っこしても症状が出ないこともあるように。体調によってなのか?出たり出なかったり。

お話が上手になってきた息子が、「おかあさん、ちぃでちゃうんでしょ?あっこ(抱っこ)ガマンするね」と時折気を遣ってくれて感動したなぁ。ほんとにたまになんですけどね笑

5ヶ月経過

ついに完治です。

気にならなくなったせいでかなりうろ覚えですが、確か年を越す前には、やったー!出なくなったー!と思った記憶があります。

 

原因は?

紫斑病はそのほとんどが原因不明だそうです。

実は私には思い当たる節がいくつかありました。

  • 洗濯槽クリーナーを洗濯機に入れる際、水を入れずに粉を先に入れたため、誤って吸い込んだ。
  • 知人に玄米をいただいて、炊き方を調べもせず炊飯器で白米モードで炊いて1週間食べた。
  • あといくつかあったけど忘れてしまった。

全部ドジな自分のせいです( ;∀;)

特に玄米。1週間食べ続けた後に発症したので、これはかなり怪しいと思っています。アレルギー反応だったのではないかと。

先生には、玄米のアレルギーでこんなことにはならないよ!と言われたのですが、ネットで検索していた時に、同じように紫斑病になり、玄米のアレルギーを疑っている女性のブログを発見したんです。(今回探したけどもう見つからなかった…)

玄米が原因かどうかは定かではありませんが、とりあえず私はもう口にすることはないでしょう…ちゃんと炊き方を調べていたらこんなことにはならなかったかもしれないと思うと悲しい( ;∀;)

健康って本当に大事。口にするものや肌に触れるものは、テキトーにせずきちんと調べないとだめですね。というか私が知らなすぎなのかも?母としてしっかりしなければいけないと改めて感じさせられた出来事でした。