相手の心を動かす不満の伝え方を、子どもから学ぶ

不満の伝え方って難しい。

私は友人や職場の人間関係で不満が発生しても、基本はガマンして気持ちを封印し、そしていつしか自分の中で消化して忘れています。

でも、家族や近しい間柄だとそうはいきません。

 

子どもから学ぶ

昨夜のことです。寝る準備万端で、寝るよーと声をかけているのに、いつまでも遊び続ける息子。

おもちゃ箱からボールを出して持ってきて、「投げるからとってー!1回だけだから!

4歳児の1回だけほどあてにならないものはなくて、この時もきっともう1回!もう1回!になるだろうことを予想して既にちょっとイライラする私。

ひとまず了承し、ニコニコしてボールを投げる息子。受け取る私。

そしてそのまま「はい、寝るよ!」とおもちゃ箱にボールを戻しました。

すると、ニコニコしたまま

「リョウちゃんにも、投げてほしかったなぁ〜(о´∀`о)」

!!!

なんだかすっごく悪いことした気持ちになって(実際いじわるだなぁ、ごめん息子)、

「じゃあ、1回だけだよ」

と言って、結局しばらく軽〜いキャッチボールをしました。

これ、もしも「リョウちゃんにも投げてよ!!\\٩(๑`^´๑)۶////」って言われてたら、「1回だけって言ったでしょ!いつになったら寝るの!」ってイライラしたと思うんです。子ども相手に沸点低くて大人気ないですが…

不満ではなくにこやかに希望を伝えられると、人の心は動く

こんなことを、子どもから教えられました。

 

今までを振り返る

振り返ると、私の不満の伝え方は酷いです( ;∀;)

f:id:chamano1:20181017001757j:image

家族へ

子どもの頃、両親や兄弟に対しては、即・直接不満をぶちまけていました。

大人になった今では一呼吸置くことも出来るようになりましたが、不満をそのまま伝えられた側は当然嫌な気持ちになりますよね。

それでも家族だから許されるという甘えがありました。

元夫へ

結婚前は、不満はため込んで、どうにも我慢できなくなってから伝えていました。そして、冷静に伝えようとするあまり、話し合いはいつもかなり深刻な雰囲気。

これは元夫だけではなく、それまで付き合ってきた恋人たち全員です。

かなり面倒くさい女!!

 

結婚してうまくいかなくなってからは、家族同様、不満を丸ごとぶつけていました。

結婚生活で思い出されるのが、洗面所前の廊下に放置された服の山。

かなりストレスでした。翌日着るかもしれないからと、手をつけることを禁止されていたのです。

結婚して半年たったころ、それまで一度だって家事をすることのなかった彼が、洗い物を始めた私の隣に来て「俺やるよ」と言ってくれたことがあります。(ちなみに共働きです)

正直とってもうれしかったのですが、私は、「ありがとう。でも、それよりあの服片付けて」と言いました。

すると、

「やる気なくした」

と言って、リビングに戻りゴロゴロする彼。

子どもかよ!!

と当時は腹を立てたのですが、もしもこの時、

「ありがとう♡でも、もう始めちゃったからいいよ☆ゆっくり休んでて☆それか、もし余裕があるなら、あの服の山、片付けてくれたらうれしいな〜(*´∀`*)」

な〜んて言えていたら、彼の次の行動も違っていたかな?更に飛躍すると、こんな風に賢く立ち回れる女性だったら、もしかして立派な旦那さんに育てることが出来たりしたのかな…?なんて、ちょっぴり考えてしまいました。

 

まとめ

早速実行しようと思って、今日は、

夕飯の時はテレビを消す約束をしているのにいつまでもテレビに夢中な息子

に、「テレビ消してほしいな〜。一緒にお話しながらご飯食べたいな〜」と言ってみました。

すると、被せるように

「やだ☆」

と言われ、危うく怒りスイッチがONになるところでした。

結局その後の行動は変わらなかったけれど、不満ではなく希望というカタチの言葉を受け取った息子の心境は、いつもとは違ったはず。

そう信じて、今後も上手に気持ちを伝えていきたいです。

子育ては親育てって、本当だなー。