乗り物酔いは遺伝する?楽しくお出かけするための予防法と対策

f:id:chamano1:20181109000235p:image

子どもの頃、ひどい乗り物酔いに悩まされていました。

旅行や遠足、課外活動等、楽しみなはずの行事も常に車酔いの不安がつきまといました。

そんなわけでその辛さをよく知っているため、子どもには乗り物酔い知らずになってほしいと願っていましたが…似て欲しくないところに限って似てしまうものですね( ;∀;)

 

 

乗り物酔いは遺伝するの?

調べてみると、乗り物酔いをする体質は57〜70%の割合で遺伝的な要因が関係しているそうです。

や、やっぱり…

 

乗り物酔いの原因

平衡感覚を司る三半規管(内耳)からの情報と、視覚情報(目)からの情報にズレが生じると、脳内に混乱が生じます。

その結果自律神経が乱れることにより、吐き気や頭痛などの酔いの症状が現れます。

体質が遺伝するというのも納得です。

 

子どもは何歳から乗り物酔いする?

大体5歳頃から乗り物酔いが始まる子が多いそうですが、息子は2歳から始まりました。

小さいのに車酔いでぐったりする姿は本当に可哀想ですし、保護者も車移動の際気が気でなくなってしまいますよね。

 

乗り物酔いのサイン

小さな子どもの場合、具合が悪いことをうまく言葉で伝えられません。

顔色が悪くなる、機嫌が悪くなる他に、眠い時間でもないのにあくびをしたら、乗り物酔いのサインかもしれません。

f:id:chamano1:20181111203157j:image

息子が2歳の頃、車酔いするといつも決まって生あくびをした後に泣いて抱っこをねだり、戻していました…

 

子どもの乗り物酔い対策

体調を整える

乗り物に乗ってお出かけする際は、前日にきちんと睡眠をとり、満腹も空腹もどちらも避けて万全の体調で。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品は胃もたれを引き起こすので避けましょう。

 

おまじない

一度車酔いしてしまうと、また気持ち悪くなるんじゃないか…と不安になります。

過去の嫌〜な記憶と苦手意識からくる不安も自律神経を不安定にさせるため、思った通りに具合が悪くなってしまうことも。病は気からですね。

なのでここはおまじないで対策。

息子には「車に乗る前に梅干しを食べると気持ち悪くならないよ」と言って、出かける前に必ず食べさせています。

必ず効くわけではありませんが、本人も気分的に少し楽になるようです。

 

梅干しでバランスを整える

梅干しを食べてたくさん唾液を分泌させることで、三半規管のバランスを整える効果があると言われています。

酸っぱいものを食べると口の中がサッパリしますよね。

お出かけの際は、手軽に食べられる種ぬき干し梅等を用意しています。

 

好きな音楽を流す等、気を紛らわす

f:id:chamano1:20181111203217j:image

これがとても効果があった方法。

息子の場合、ヒーローもののベストアルバムを延々流したら、延々歌って長距離移動でも酔わなくなった時期があります。気が紛れたのでしょう。

口を動かすことで唾液の分泌が促されたのも一因かな?

ちなみに現在は本人がこのベストアルバムに飽きてしまったので、別の方法を模索中です^^;

 

換気する

匂いで車酔いする説です。

これも記憶と関係するのではないかと思っているのですが、私は車の匂い(新車も)が未だに苦手です。あと、ガソリンスタンドの匂いも。過去に車酔いした時の匂いの記憶から、やっぱり自律神経が不安定になるんじゃないかと思っています。嗅覚と記憶ってとても深い結びつきがありますよね。

窓を開けて換気しましょう。

風に当たると少しは気分も良くなるかもしれません。

 

たくさん遊んで寝かせる!

復路のみに有効。

寝てしまうのが一番です。

 

こまめに休憩を取る

コンビニやサービスエリアでこまめに休憩をとります。

既に気分が悪い場合、水分を取ってゲップをさせましょう。

天気が良ければ安全なスペースを選んで少しお散歩して、気分がスッキリしたら出発!

f:id:chamano1:20181111203414j:image

 

その他

他にも

  • 遠くの景色を見る
  • ツボ押しのリストバンドをつける
  • 血糖値を上げるためにチョコレートやグミを食べる
  • 酔い止めの薬を飲む

と、効果的だとされる方法が複数ありますが、本当に人によります。

私も子どもの頃この4つを試しましたが全く効果がありませんでしたし、

甘いものを食べるということ・酔い止めの薬を飲むことに至っては、気持ち悪さを増幅させてしまい逆効果でした。

色々試して子どもに合う方法を探してみてください。

 

結局、戻してしまうのが手っ取り早い

私自身の経験からですが、戻してしまうのが体調回復には一番手っ取り早いんですよね^^;

吐き戻す辛さはもちろんあるけれど、気持ち悪さはなくなります。

そして、戻したくなくてもどうにもならないこともあるのが乗り物酔いの辛いところ。

子どもにも、「戻したかったら戻しちゃっていいからね!」と言っています。

でも大変なのが、衣服の交換や車内の清掃。特にチャイルドシートが汚れると、その後の旅行どうしよ…って困ったりします。

対策として、

  • 着替えを複数組用意する(靴下も忘れずに!)
  • バスタオルもあると安心。 
  • エチケット袋を用意しておく。
  • ウェットティッシュも用意。

荷物は増えますが、万一の際対処できるように用意を万全にしておきます(*^^*)

 

 

まとめ

本当につらい乗り物酔い。

できることなら酔わないように、酔ってしまっても慌てないように対策をして、楽しくお出かけしたいですね。