【邦画】震える舌の感想。ホラーなの?観ているだけでつらい映画。だけど観る価値あり!

またまたアマゾンプライムで適当に選んだ映画震える舌の感想です。

※ネタバレあり注意

 

 

あらすじ

f:id:chamano1:20181214223101j:image

出典:www.amazon.co.jp

近所の湿地での泥んこ遊びをきっかけに破傷風に感染した少女。

娘を救おうとする両親や医師の姿をリアルに描いた映画。

 

感想

全体的に恐ろしい

1980年に公開された映画だけあって、昭和〜な雰囲気。

父親が着ている服も、石ちゃんみたいなサロペットで、これ昔は普通だったんだーと驚き。

チェロの音色と共に幕を開けるのですが、古い映像と相まって序盤からじわじわ怖い!

また、しばしば効果音がそれじゃない感満載です。時代なのかな?それがまた怖い…全体的におどろおどろしいのです。

そして、こんなにも結末の想像できない映画はほかにあったかな?と。ラストが予想出来ないことが更に恐ろしさを増長します。

感染症が主題の映画なのにホラーと言われるのも納得です。

 

両親の心理描写がリアルすぎてつらい

娘晶子が食事中に口を開けることを嫌がるようになり、訝しむ両親。

父親はわがままだと叱り、母親はそんなに厳しく叱らないでと諌めます。

破傷風の症状が少しずつ現れはじめますが、病院に連れて行くも精神的なものだと言われ、おかしいとは思いながらも両親にはまだ余裕があります。

ある夜、ついに晶子に痙攣発作が起き、駆け込んだ病院で破傷風との診断を受け、ここから家族と破傷風との闘いが始まります。

痙攣の誘因となる音や光を遮断した部屋に入院した晶子。しかしそれでも、小さな刺激で発作は止まらず…次第に両親は精神的に追い詰められていきます。

きっと真っ暗な部屋での看病も原因のひとつなのでしょう。ついには娘を生むんじゃなかったなんて発言も…。心が壊れかけてます。

回復するのか先の見えない病状。辛い思いをしている我が子、けれど何もしてやれない自分。想像しただけで辛すぎます。

子どもの闘病って普通、両親は絶対に治すぞ!!という姿勢で描かれると思うのですが、この映画では途中から諦めかけているのです。もちろん心の底から諦めているのではなく、最悪の事態を想定していないと心が保てないのでしょう。

そして2人は、自分にも病気が移っているのではないかとノイローゼ気味に。自分の命より大切なはずの我が子。けれど、凄惨な病状を前に地獄のような時間を過ごすとこんな風に人間的弱さが全面に出て、自分自身の守りに入るのでしょうか。

こればかりは経験した人にしかわからないのでしょうけれど、リアルな姿なのかなと思わされます。

 

破傷風とは

破傷風って聞いたことはあるけれど、どんな病気なのかよく知りませんでした。

多くは傷口から破傷風菌が入り込み感染し、神経毒素により強直性痙攣を引き起こす感染症。

この映画が公開されてから40年、医学はさぞかし進歩しているんだろうな〜と思いきや、現代の医療をもってしても治療は困難だとか…。

ワクチンでほぼ100%予防できますが、なんと10年で効果がなくなるそう。

子どもが接種する四種混合ワクチンに含まれているので安心していましたが、10年か…

ということは私はとっくに効果が切れています。子どもと砂場でどろんこ遊びなんかしてるけど、傷がある時はやめようかな…なんてこわくなってしまいました( ;∀;)

大人でも5,000円程で追加接種が出来るようなので、特に土を触る機会が多い方は10年おきに接種すると安心ですね。

 

おわりに

子どもは見られないだろうなと思うほど恐い映画でした。

けれど、破傷風について、初期症状から発作、治療法を知ることができたのはよかったです。

結末は…書かないでおきますね。