人のせいにすること。それも成長。

何かのせいにしたくなる

職場でお世話になった方が年内で退職されるので、プレゼントを選ぶため息子とショッピングモールに入っている雑貨屋さんへ。

すると息子が、

「お母さん!これたこ焼きの匂いするよ!」

と、ぬいぐるみをクンクン。

絶対違うだろー、でも確かに匂うなと思いつつ、視界に飛び込んできたのがスクイーズのコーナー。

「こっちだよ!確かにすっごいたこ焼きの匂いするね!どれかな?」

なんて言って2人でクンクンしながらわさわさ探していると、ふと目に入ったものが。

 

銀だこの袋

 

斜め後ろで商品を見ているお客さん、銀だこのたこ焼きお持ち帰りしてました。

f:id:chamano1:20181217230028j:image

 

…きゃー!恥ずかしいー!!

気付いてないといいな。聞こえていないといいな。

でも、息子の「たこ焼きの匂いするー!」のボリュームかなり高かったからな( ;∀;)

香りの発生源に気付いていない息子はいつまでも「たこ焼きどれー?」なんて言っているし、銀だこ所持している人の背中は無言でなにかを語っているような気がして、ちょっといたたまれない気持ちになりましたw

はじめに目にとまったのがたい焼きのスクイーズだったんです。たこ焼きやお好み焼き系もあるかなと思ったの。

もう。スクイーズのせいだ。

 

子どもも、誰かのせいしたくなるよね

f:id:chamano1:20181217230046j:image

4歳の息子は最近、人のせいにすることを覚えました。

軽く流す時もあれば、これは良くないなーと思って注意することもありました。

でもよく考えてみたら、大人だってそんな時はありますよね。

失敗した時や恥ずかしい思いをした時、自己防衛のために、心の中で。

だとするとこれも立派な成長じゃん。

なんでも人のせいにする嫌な大人にはなってほしくないけれど、自分の中でだけ何かに小さく責任転嫁してストレスを溜め込まないようにするって、そう悪いことじゃないんじゃ?

こういうさじ加減って、子どもはどうやって覚えていくんだろう。

きっと他者との関わりの中で覚えていくんですよね。

だとすると、親から子への関わりとしては、あんまり神経質に注意する必要はないのかな。

きっと、何事も人のせいにしてそれを声に出してしまうような親でない限り子どもも大丈夫ですよね。

「お母さんのせいだ!」「お母さんが◯◯したからだ!」って言われると、時折内心イラっとすることもあるんだけれど、心を許せる母相手だからこそ言えることだと割り切って軽く流していくのがいいのかなぁ。

しかし、息子が小学生になったら…「まだ宿題やらないの?」「今やろうと思ってたのに、お母さんのせいでやる気失くしたー」という定番の会話をしていそうです´д` ;