サンタさんからのプレゼント 贈り方色々

 f:id:chamano1:20181224232615j:plain

子どもたちの夢、サンタさんからのプレゼント。

家庭によって贈り方は様々ですよね。

今年のクリスマスは少し考えさせられることがあったので、クリスマスプレゼントの贈り方について考えてみます。

 

置く場所

ツリーの下

リビングに飾ったクリスマスツリーの下に置くという方法。

友人や職場の方と話していると、この方法を選択している人って結構多いように思います。

綺麗に飾ったツリーの下に、クリスマス仕様にラッピングされたプレゼント。

朝起きてリビングへ行き、そんな光景を目にした子どもは一気にテンション上がりますよね(*´-`)

 

くつ下の中

絵本なんかではオーソドックスな方法である、用意したくつ下の中にプレゼント

これって実践している方はどのくらいいるのでしょうか?私の周りでは全く聞かないのです。

まず、サイズが難しいですよね。そしてその為に用意したビッグサイズの靴下、他に利用することってなかなかないのでは。

でも、この方法でプレゼントを贈っている方がいたら、とってもファンシーで素敵だなぁと思います。

 

枕元に

寝ている間に枕元に置いておく方法。

我が家はこれです。

ツリーの下もいいなと思うのですが、私自身が子どもの頃、クリスマスプレゼントはいつも枕元にあったのです。

クリスマスの朝は目覚めたら即、手を上に伸ばして…プレゼントのカサっという音を聞いてきたぁぁー!!と、温かい布団の中で幸せに浸っていました(笑)

 

プレゼントの渡し方、他にもあるかな?

色んな渡し方があって、子どもの頃ツリーの下に置かれているという友人をなんとなく羨ましく思ったこともあるのですが、サンタさんの仕事に統一性がないことに疑問を持たない子どもって、本当に純粋ですよね。

 

渡すのは24日?25日?

イヴってなんだか特別感がありますよね。

クリスマスに限らず、前夜祭と名がつくものって特別。

我が家では24日の朝に枕元にプレゼントが恒例です。

ちなみにこれも自分の子ども時代の経験から。クリスマスを指折り数えて待っていたので、1日ずれたら結構耐えがたかったかもしれません。

 

子どもの認識とずれてしまった

今朝、私は息子が起きてプレゼントに気付くのをワクワクして待っていました。

寝相が悪い息子は寝返りを打った際に腕を上に伸ばし、カサカサっという音で「ん?」という顔をして、プレゼントだと気付くと寝起きなのにニコニコに。

ところが、息子の第一声は、

「これお母さんが置いたんでしょ?」

 

…なんですって?!((((;゚Д゚)))))))

ちがうよ!サンタさんが来たんでしょ?

「そうなの??やったー!!」

目を輝かせてプレゼントを抱きしめる息子に、とりあえずホッ。

 

一瞬、まだ4歳なのに、まさかまさか薄々気付いてたりするのか…?!と焦りましたが、息子からの質問で、どういうことなのか理解しました。

息子はサンタさんは25日のクリスマス当日にプレゼントを持ってきてくれるものだと思っていたのです。

なんで今日来たのかなぁ?と一日中言っていて、なんならケーキ屋の店員さんにまで「サンタさん今日来たんだよ!普通明日だよねぇ?」と(^^;;

サンタさんは忙しいから、24日と25日の2日間に分けてプレゼントを配っている、と説明すると一応納得はしてくれましたが、夕方になると「もしかしたら明日も来てくれるかもしれないよね」と笑えない冗談をかましてきました。

サンタさんはそんなにお金ないんだよー!

 

海外では25日が主流?

録画していたホームアローン2を観たところ、25日の朝にツリーの下にプレゼントでした。

大きなツリーの下に大量のプレゼント、なんて素敵なんだぁー!

やっぱりホームアローン形式もいいな、なんて思ったのでした。

来年のクリスマスは24日にすべきか25日にすべきか…

しかし、どこでプレゼントは25日なんて覚えてきたんだろう。不思議。

 

余談ですが、ホームアローン。子どもの頃に観るのと大人になってから観るのとでは大分見方が変わりますね。

たった10歳の子どもが24時間以上一人で過ごさなくてはならないとか、母親の心境を思うともう…

そして、何度も観た映画なのに、ハトおばさんのところで初めて涙腺が緩みました。こんな映画だったのね〜!

 

素敵なクリスマスを☆