【生後1ヶ月】グッピーの成長と、2度目の出産

グッピーの赤ちゃんが生まれて1ヶ月、正確に言うと4週間がたちました。

飛ばしてしまった3週間目の成長もまとめての記録です。

 

 

生後3週間

といっても特筆することはないのですが、しいて言うならエサは成魚用の人工飼料をそのままあげるようになったこと。

細かく砕かなくてよくなったので、かなり楽になりました。

稚魚には稚魚用フードや生き餌が良いというのは大前提ですが、成魚用フードでも順調に大きくなっています!

f:id:chamano1:20190118214744j:image

 

生後4週間

なんだか言い方はおかしいけれど、魚!!って感じになってきました。

身体つきがしっかりしてきたなぁ。

 

模様が出始めた!

みんなまだまだメダカのような色ではあるのですが、尾びれに模様が出始めた子がいます。

ネットで読んだ情報によると、ブラインシュリンプを与えて育てると、早い子だと1ヶ月程で色が出始めるとか?

息子も「青いグッピーになったらいいね」なんて楽しみにしているのですが、まぁ気長に成長を見守りたいと思います。

 

性別が判明?

お腹の後ろが黒っぽくなってきた子が3匹。

これって…メス?なのかな?

一番体格のいい子もメスっぽくて、将来たくさん産仔するんじゃないかと不安((((;゚Д゚)))))))

最近、グッピーが繁殖しすぎて水槽がグッピーでギュウギュウ詰めになる悪夢を見ます。

本当増え続けたらどうしよう( ;´Д`)

 

2度目の出産

前回の産仔からちょうど4週間後、黄色ママが2度目のお産をしました!

朝からフィルターの吸い込み口の上でじーっとしてて、もしかして…?と思っていたのですが、

f:id:chamano1:20190118215345j:image

帰宅したらちっちゃい赤ちゃんグッピーが数匹いる!

2度目は誕生の瞬間を見たい&息子にも見せたいと思っていたので、2人でしばらく水槽の前に張り付き、小声で「がんばれがんばれ」と応援して…

無事、生まれる瞬間を見ることが出来ましたー!

息子と2人で感動(*´꒳`*)

結局何匹生まれたのか正確には分かりませんが、生まれたてってやっぱりちっちゃくてかわいい♡

 

隠れ家がないけれど…

前回の産仔の際に使用した人口水草は撤去済なので、今回はいい感じの隠れ家はないのです。

増えすぎる不安もあるし、魚がたくさん子を産むのは成魚になれる数も限られているから。

可哀想ではあるけれど、そこは割り切って…自然に任せることにしました。

ところが、今回生まれた稚魚たち。うまく身を隠しています。

こんなところとか、

f:id:chamano1:20190118235357j:image

こんなところ。

f:id:chamano1:20190118235424j:image

底砂が保護色になって目を凝らさないとわからない。

そして、暖かいからかヒーターの上に整列。

f:id:chamano1:20190118235531j:image

ちっちゃくて頼りないなぁ( ;∀;)

 

兄弟の反応

生後1ヶ月のグッピーが自分より小さな稚魚をいじめるんじゃないかと心配していましたが、やっぱり追いかけ回します。

おそらく口には入らないと思うのですが、赤ちゃんグッピーが泳いでいるのを発見すると、つつこうとして追いかけます( ;´Д`)

この写真はちょっと遠近感あるけれど、1ヶ月の体格差はこんなにあるし。

f:id:chamano1:20190118235828j:image

今回生まれた稚魚たちにとっては結構過酷な環境かな。

いやでも、今回も少なくとも25匹は生まれたし、全員大人になってしまったらそれこそペットショップに引き取ってもらうしかないし(その末路は、他の魚のご飯とか…?恐)。

ここら辺が子どもの手前もあって悩みどころ。

息子は、水槽がグッピーでいっぱいになったらペットショップと同じで嬉しい、なんて言っていますが(^^;;