親子で夢中で雪だるま作り!

今朝外に出ると、庭が久しぶりに積雪で真っ白!

子どもは喜び庭かけまわります。

そうだよね、子どもは雪遊びしたいよね〜。

ということで、寒さも緩んだ午後から雪遊び!

びしょびしょになりそうなので、庭だけどスキーウェアを着せました。

 

雪だるま作り

f:id:chamano1:20190126211331j:image

去年も雪だるま作りに挑戦したのですが、パウダースノーで固まらなくて断念したので、息子にとっては人生初の雪だるま作り。

今日の雪は水分も程よく含んでいて、雪玉を作って転がすとどんどん大きくなっていく♪

 

ひとまず私が雪だるまの体部分、息子が頭部分を担当。

ちゃんと手でコロコロ雪玉を転がす息子の傍らで、私は足で蹴って転がしていました。どんどん大きくなる雪玉を見て、「うわー!お母さんすごーい!!」と称賛してくれる息子。

…子どもが男の子でよかった(笑)でもやっぱり母親なんだからもっと上品に振る舞うべきかしら…

 

土だらけになっても、仕上げをちゃんとすればOK!

大きくなった雪玉ですが、庭の土や雑草を巻き込んで、雪玉というよりおおきな泥団子。

でも思いました。雪だるま作りって、雪かきと草むしりを兼ねていると。

汚くなってしまった雪玉にスコップで綺麗な雪を被せてかためてみたら、普通にいい感じになりました。

あとは息子担当の頭待ち。

 

その辺に落ちているもので顔作り

「できたよー!」

よいしょよいしょと息子が持ってきた雪だるまの頭は、明らかにサイズが小さい…

でも、もうちょっと大きくしよっか?と提案すると、「これでいーの!」とムッとしていたので諦めました。

そのまま頭を乗せてみると、う〜ん、バランス悪い。でも息子は喜んでいるし、まぁこんなもんか。

 

頭を乗せてみて思ったのですが、これって乗っけるだけでいいの?ころっと落ちそうなんですけど…
ということで、綺麗な雪を間につめて固めてみました☆

 

次は顔作り。

息子はにんじんを鼻にしたかったようですが、何せサイズが小さいし、溶けた時に放置でいいようにその辺に落ちてるもので作ろ〜☆と提案すると、ノリノリで庭を物色し始めました。

手は、使っていたスコップ!←定番!

目は、石ころ。

鼻は、道路まで探しに行って見つけたレンガの破片みたいなやつ。

なかなか考えるじゃーん!と感心。

このその辺に落ちているもので顔作り、意外にすっごく楽しめました。母の提案は悉く却下して自分であーだこーだ考える息子。成長したなぁ。

 

雪だるま完成!!

完成した雪だるまがこちら。

f:id:chamano1:20190126210256j:image

うん…なんか、鳥?

 

f:id:chamano1:20190126210306j:image

横から見ると更に鳥感がすごい。

 

これはあれですね、私が首の部分に雪を詰めるなんて余計なことをしたせい。

かわいい雪だるまを作る気満々だったのにぃー!!

 

その後、鳥っぽいね…と言う私の言葉を真っ直ぐに受け取った息子は、小さな雪玉を作って餌をあげていました(笑)

そして雪だるまの前で、「ずーっと溶けませんように」と拝んでいました

苦労して作ったからすぐ溶けたら嫌だけど、ずーっと残ったらちょっと嫌かなー( ̄▽ ̄)

というわけで、なかなか不気味な雪だるまになってしまいましたが、顔作りも息子と爆笑しながら楽しく作れたのでよし!

次は可愛くつくるぞ〜!