お薬手帳アプリは本当に便利!子育て中のママには特におすすめ!

f:id:chamano1:20190214235032j:image

いつのまにか普及していたお薬手帳。

特に子どもは、小児科や耳鼻科、皮膚科等数カ所の病院を受診することもあるので、お薬手帳で処方された薬を管理することで飲み合わせなど相談できて便利ですよね。

お薬手帳アプリの存在は元々知っていましたが、これまで利用していた調剤薬局では利用できませんでした。

それが、ふとしたキッカケで別の薬局を利用したことでお薬手帳アプリを利用することが可能になり、ただでさえ忙しい夕方の時間を効率良く使えるようになりました。

 

 

お薬手帳アプリを利用するメリット

利用可能な調剤薬局に変えてダウンロードしたのは、EPARKお薬手帳アプリです。

もっと早く利用したかったと思うほど使い勝手が良いので、使ってみて感じたメリットを紹介します。

 

アプリひとつで家族分も管理可能

アプリをダウンロード後、家族の情報を追加することで、家族全員分のお薬手帳として管理することができます。

子育て中の方、特に複数人子どもがいる方にはとても便利な機能ですよね。

ちなみに、EPARKお薬手帳の利用にはEPARKの会員登録(無料)も必要なのですが、アプリひとつにつき1人分のお薬情報しか管理できないと思い込んでいた私は子どもの名前で登録してしまい、今後悔しています…。

今のところ不都合はありませんが、子どもの名前でサイト登録ってやっぱり少し抵抗あるので(汗)

 

荷物が軽くなる

f:id:chamano1:20190214235045j:image

お薬手帳って地味〜に重くないですか?

処方してもらう度にお薬情報が記載されたシールを貼っていくと…結構な重さになります。

しかも、一冊使い終わって新しいお薬手帳を貰ったばかりだと、しばらくは二冊持ち歩くことになりますよね。

子どもはいつ熱を出すか分からないのでとりあえずいつも持ち歩かなければならないし、親子揃って受診する際は自分の分の手帳の重みも加算。

たかが手帳、されど手帳。

荷物は減らせるに越したことはありません。

肩こり持ちには本当困った存在だったので、スマホで管理できるのはかなりありがたい!

 

お薬情報の登録も簡単!

お薬手帳アプリが利用可能な調剤薬局の処方箋には調剤明細書にQRコードが印刷されています。

アプリを起動して、お薬登録からQRコードを読み取ります。数種類ある場合も一度の起動で一気に登録可能です。

f:id:chamano1:20190214234506j:image

私は初めてお薬登録した際、ついでにその調剤薬局をかかりつけ薬局に登録しておきました。

 

処方箋ネット予約で時間を節約

f:id:chamano1:20190214235057j:image

薬の処方って時間がかかりますよね。

特に子どもの薬って、薬局にもよりますが待ち時間がかなり長い。

4歳の息子は絵本を読んであげてもしばらくすると飽きて、ジュース買ってお菓子買って、それでも名前を呼ばれないとうろちょろうろちょろ…かなりストレスです。

お薬手帳アプリがあれば、処方箋をもらったらスマホで写真を撮って登録するだけで予約が可能です。本当に驚くほど簡単です(*´-`)

病院で処方箋をもらったら即ネット予約→帰り道にある調剤薬局へ。薬局に到着する頃には既に準備していただいているので、待ち時間のストレスがなくなって最高です。

写真を送信すると選択した薬局にFAXで情報が伝わるようです。

 

薬の情報も簡単に確認できる

初めて飲む薬で心配なのが副作用

特に子どもに薬を服用させる場合、ちょっとしたことでも不安になったりしますよね。

今まではインターネットで薬の名前を検索して調べていましたが、お薬手帳アプリなら薬の名前をクリックするだけで成分・効果・使い方・副作用を確認することができます。

薬の名前って覚えにくいし、いちいちお薬手帳を出して探して…という作業が不要になるのって、これまた時短になってすごく便利ですよね。

 

情報を共有できる

お薬情報の共有ボタンを押すと、このような画面が出てきます。

f:id:chamano1:20190214234725j:image

試しにメールで共有を選択すると…選択したお薬手帳のページがそのままメール作成画面にコピーされました。

子どもの急な発熱等で、他の家族に病院へ連れて行ってもらう時なんかに便利かな?

 

デメリットは?

直接的なお薬手帳アプリ利用のデメリットではないのですが、受診した病院併設の薬局以外で薬を処方してもらう場合、薬の在庫がないということがあります。

先日も処方箋ネット予約後に、調剤薬局から在庫切れの連絡をもらいました。

その時は塗り薬の処方で急ぎではなかったためよかったのですが、急ぎで必要な場合、事前に在庫があるか確認しておいた方がいいかもしれません。

 

とはいえ他にはデメリットが思いつかないほどメリットだらけのお薬手帳アプリ。

これから利用可能な薬局がどんどん増えていってくれたら嬉しいです。

まだよくわからないのですが、お薬手帳アプリの利用でEPARKのポイントがもらえるそうなので、そちらも少しずつ調べて上手に使っていきたいです。