公園にて、昔懐かしい子どもたちの姿にほっこり

f:id:chamano1:20190303235751j:plain

 

最近日中暖かい日が増えてきて、休日は息子と公園で過ごすことが増えました。

土日のどちらかは、自宅から少し距離のある大きな公園で、めいっぱい身体を動かして遊ぶ。

アラサーの私には結構ツライけど…やっぱり子どもはこうでなくちゃ!

 

お友達が増える!

大きな公園にいっても、以前までは私と息子(時々じいじも)とで遊ぶのがほとんどだったのですが、最近なぜだか他の子どもが息子に声をかけてくれます。

しかもみんな年上!!

なんでだろう?ここ数ヶ月でぐんと身長が伸びたから?

息子も声をかけられたら嬉しそうに応じて、母は仲良く遊ぶ姿をちょっぴり離れたところから微笑ましく見ています。

広い公園内を走り回られると追いかけざるを得なくてかなーりきついですが( ;∀;)

お互いの名前を聞くこともせず、どちらかが帰る時間まで汗をかきながら遊んで、その日はお風呂に入って夕飯を食べたらぐっすり!いいね!

 

昨日もその大きな公園へ行くと、なんだか見たことのある顔。

 

…あ!!この前遊んでくれた子だ!

 

その子もじっとこちらを見ていてw

私は前に名前を聞いていたので「〇〇くんじゃーん!また会ったね!」と声をかけると、嬉しそうに寄ってきてくれました(かわいいなぁ)。

その子は小学校一年生の男の子。息子より3つも年上なのに、前回も2時間ほど遊んでくれたのです。

 

再会を喜び早速遊び始める2人。

いつのまにかお互いをちゃんと名前で呼んでいるではないか(*´-`)

速攻見つかるかくれんぼをしてキャッキャしていると、別の男の子(この子も小1位かな?)が、

「まーぜーてっ!!」

3人になった!!

 

3人でワイワイ遊んでいると、

「まーぜーてっ!!」

女の子もきた!

 

なんかこういうの…いいなぁ♡

私は小さい頃兄弟とばかり遊んでいたので、偶然居合わせた知らない子たちとこんな風な流れで遊んだことがないのです。

昔懐かしいってタイトルに書いたけど、なんとなく昭和っぽーい!ステキ!と思ったのです。

年齢も性別も関係ない。それって子ども本来の姿なんでしょうけれど。いいなぁ、ほっこり(*´-`)

 

年上のお友達と遊んで影響を受ける

最終的に4人で仲良く遊んでいたのですが、他の子どもたちはある程度大きいのもあって保護者はそばにいませんでした。

私は邪魔はしないように、でもすぐに駆けつけられる距離を保っていたのですが…

息子から「お母さんも遠くのベンチに座ってて」と言われてしまった。。

母がそばにいるのが恥ずかしいという気持ちではなく、純粋に、自分も1人で遊べるから大丈夫だよ!ってことみたいなんですが。

いやー、4歳ってまだそばにいないと心配ですよね。なんなら5歳も無理だ。過保護すぎなのかな?普通がわからない( ;∀;)

とりあえずもうちょい距離を離してみたものの、心配すぎてソワソワ。池に落ちないか、ブランコの前に行かないか、誤って公園の外へ出ないか。心配しすぎかなぁ。

小学校高学年の子なんかが輪の中にいればちょっとは安心できそうですが、そのくらいの大きい子って、そういえば公園であまり見かけないな。

こうして自立心が育って、少しずつ手が離れていくのかなぁ。

ちょっぴりさみしくもあるけれど、もちろん喜ばしいことです。息子の気持ちも大事にしてあげたいけれど…んー、次回も「遠くにいってて」って言われたら困るなぁ。

 

公園仲間っていいな

1人、また1人とおうちへ帰って行き、残された子どもたちのさみしそうな顔!

うち2人は「土日は結構ここ来るから、また今度遊ぼうね!」って。

保育園や学校の友達関係とは別の、公園仲間。素敵じゃないですか。

ちなみに息子はお友達が残っていたら絶対に帰らないと聞かないので、最後に残った1人でした(汗)

みんなが帰ってしまった後の息子は、それはそれはさみしそうで…「みんないなくなっちゃってつまんないな」なんて言ってて。

こういう気持ちも大事ですよね。

 

これを書いている今、頭の中で2020応援ソング・パプリカが流れています。

子ども時代の記憶って本当に大切で、いつか大人になって悩みを抱えた時、こんな子どもの頃の思い出が心の支えになってくれるかもしれないんですよねー。

大きくなったら子ども同士の遊びに関わることもぐんと減るでしょうし、とにかく今はたくさん外に連れて行って、他のお友達と関わることも含めてたくさんの経験をさせてあげたいと改めて思ったのでした。

公園って最高!