4歳 反抗期?辛すぎる4歳の壁

f:id:chamano1:20190331175624j:image

これまでこのブログには、子育ての辛い部分はあまり載せていなかったのですか、4歳息子、反抗期真っ盛りです。

 

 

4歳児の反抗

4歳ともなると、大人の言うことも大体理解しているし、自分の気持ちを言葉で伝えることもできます。

その上でのイヤイヤ。本当神経がすり減ります。

なんと言っても、口がかなり達者な4歳児

2歳のイヤイヤ期も大変ですが、それすら可愛いもんだと思ってしまうほどに、口での反抗は小憎たらしい

子どもの言うことにいちいち腹をたてるなんて大人気ないけれど、かなりイライラきます。

 

息子の反抗は、主に言うことを聞かない、絶対。

こちらの指示を無視したり、わざと逆のことをしたり…

 

なんでも自分の思い通りにしたいんですよね。気持ちは分かるんだけど、朝の支度をせずにいつまでも遊んでいたり、保育園に行く途中延々と道草したり、本当勘弁してくれー( ;∀;)

で、準備しよう、早く行こうと言うと、

 

「りょうちゃんの仕事なんだと思ってるの?遊ぶことだよ?」

 

いやいや、確かにそうなんだけどさ、やることやってから言ってくれ!

 

息子は屁理屈も得意なので余計にイライラきて、感情的になってしまうことも多々…。

子育てって本当に忍耐力が試されます。私は、、ダメダメだなー。

 

更に、外で反抗スイッチオンになるともう最悪です。

私の服を引っ張ったりしがみついたり、自分の思い通りにいくまで意地を張ります。

息子も大泣きだけど、時には私も泣きます( ;∀;)その場から動けなくて絶望的な気持ちになるし、本当しんどい。。

 

4歳児 反抗の原因は?

この反抗期、実は数ヶ月前から始まっていました。

息子を見ていて感じた反抗の原因。それは、

やらなきゃいけない、またはやってはいけないことを理解してはいるが、気持ちがついていけない。

ということ。

脳の成長にまだ幼い心がついていけず、そこに大人から指示を受けたり注意されたりするとフラストレーションが溜まって→反抗的に、というように見受けられます。

してはいけないけれどしてみたい、やらなきゃいけないけれどやりたくない。

我慢が効かないのが4歳児。(我慢できる子もいるのでしょうけれど)

 

例えば片付けなんかも、やらなきゃいけないことはわかってるようなんですよね。

でも面倒くさいからやりたくなくてやらずにいると、私に片付けしようと言われる。でもやらない。何度も言われる。

→「やろうと思ってたのに、お母さんがうるさいからやる気なくなった!」

…これって4歳でも言うんですねぇ。先が思いやられます( ;∀;)

 

親が変われば子も変わる  わかっちゃいるけど難しい

私の気持ちに余裕がある時は、対応も色々工夫しています。

片付けを例にあげると↓

こんな記事を書いたけれど、実際毎回そんな対応するのって結構難しくて…。時間がない時なんかは特に。

少しでもこちらの話し方がキツくなると敏感に察知して、反抗的な態度になるのです。

 

また、先日は保育園に行く道中、長い木の棒を見つけて振り回しながら歩き始めた息子。

目に入ったら危ない、人に当たったら危ない、狭い住宅街なので駐車してある車に当たったら傷がつく、と説明してもやめません。

最終的に感情的に怒って木の棒を取り上げました。

文章にすると大したことじゃないんだけれど、こんな時、どん底に突き落とされた気分になります。

やめさせなきゃいけないのに出来ない。というかなんでこの子はこんなに聞かないの?

イライラと焦りと情けなさと悔しさと…負の感情のスパイラル。

朝から怒ってしまった自分を責める気持ちも手伝って、出勤してからもしばらくどんよりした気持ちから抜け出せません。

元々どちらかといえばポジティブな方なのですが、子育てに関しては本当ダメ。

保育園の帰り道、「どういう対応をしたら木の棒を振り回すのをやめてくれたのか」息子に直接聞いてみました。

すると、

お母さんが面白い顔したり、面白いこと言いながらダメって言ったらやめたよ。

だって。

うちの息子に限っては、本当にそうなんだろうなぁ。焦ってちょいキツめに注意されたのが悔しくて意地張ったんだろうな。

だけど、例え余裕のある時でも外で変顔する勇気ないわーw

 

4歳はまだまだ幼いことを忘れないこと

スムーズに会話が成立する4歳児と毎日一緒にいると、4歳はまだまだ幼いということを忘れがち。

できるはず、わかっているはずと思い、出来ない、わかってくれないと必要以上に落胆している気がします。

でもまだ4歳。ふと考えると子どもを持つ前は、4歳どころか6歳くらいまでの子どもはちっちゃい子って思っていました。

そんなちっちゃい子に目の色変えて怒っているお母さんを見ると、なにもそんなに怒らなくても…なーんて思ってました。

…今になってそんなお母さんたちの気持ちがよーくわかるようになったわけですが、客観的に見るとそういうこと。

成長して頼もしくなった我が子も、ついこないだまで赤ちゃんだったんですよね。

よく2人目、3人目は余裕が出来ると聞くけれど、上の子と比べて相対的に幼さを実感出来るから、許せる範囲も広がるというのもあるんじゃないかと思います。

まだ4年ちょいしか生きていないちっちゃい子に多くを求めちゃいけない。それを忘れず、良い意味で諦めることを意識していくべきですよね。

 

そうそう、思い悩んで保育園の先生に相談したところ、笑顔で

「なに言ってるの〜!

順調に成長している証拠じゃない♪」

とおっしゃっていただき、少し肩の力が抜けました。

信頼できる誰かに相談するって大事ですね。

 

二度とはない可愛い時期を大切に

反抗スイッチオンになっていない時の息子は、相変わらず可愛くて可愛くて、私の癒しです。

4歳の可愛さは今しかありません。怒ってばかりいたら、後々後悔する予感。

反抗スイッチをオンにしない方法・うっかりオンになってしまった時のオフにする方法を考えて、工夫してこの反抗期を乗り越えたいです。

子育てってこんなに頭を使うものだとは思ってもみませんでした。予想外の連続ですね。

 

そして、母親になるまで感情のコントロールが得意な方だと思っていた私の怒りスイッチも、我が子と向き合うと接続不良なのかオンになりやすくて(;´д`)

これまで学んできた人間関係の色々が、幼児には通用しないんですよね。

あー本当試練。

 

息子と、どちらかのスイッチが入ってしまったら、自分もスイッチオンするのではなく相手のスイッチを切る努力をしようと話をしました。

こんなこと自体4歳児相手に求めちゃいけないことかもしれませんが、お母さんはあなたといつも仲良く楽しく過ごしたいんだよという気持ちをわかってほしくて。

息子はくすぐると5割の確率で気持ちを切り替えてくれるのです(ダメな時もある、そんな時はひたすらしんどい泣)。反抗的態度にイラッときてもグッと我慢して、まずはこちょこちょしていこう。

私のスイッチは…チョコでも持ってきてもらおうかな^^;

 

しかし、4歳の壁と言われるらしいこの反抗期。5歳になったら落ち着くのでしょうか?

早くその日がきてほしいと切に願います( ;∀;)