【娯楽費の節約】観たい映画はとりあえず試写会に応募してみる

f:id:chamano1:20190416235142j:image

私は基本的に子どもの娯楽費は惜しみません。

けど、春って子ども向け映画の公開が多すぎ!ですよね( ;∀;)

 

 

試写会は意外と当選する?

地方在住だからかもしれませんが、映画の試写会って、応募してみると意外と当たる!

というのも、この春、ドラえもんとクレヨンしんちゃんの2作品に応募して、なんとどちらも当たったのです。

 

ドラえもんの試写会に当選した時はなんて運がいいの!と思ったのですが、実際試写会へ行ってみると、家族4人で観に来ている人を見かけて、

あれっ?もしかして当選確率めっちゃ高い?と。(親子ペアチケットなので、2通応募してどちらも当選している!?)

というわけで、クレヨンしんちゃんの試写会に応募する時は、多分当たるんじゃないかな〜♪という気持ちで。そして思った通り当たりました。

 

思うに、応募期間が短すぎて、忘れる人も多いのではないかなー。

どうせ当たらないと応募しない人も一定数いそうです。面倒だし。

そもそも試写会の存在すら気にしていない人も多い?

日にちが決められているから応募しない?

子どもが複数人いると喧嘩になるからそもそも検討対象外?

とにかく、意外と当たるかもしれないので、観たい映画の試写会はとりあえず応募しておくべき!

 

試写会のメリット

無料で映画を鑑賞できる

まずはなんと言ってもお金ですよね。

子ども向けの映画とはいえ、付き添いの保護者でも当然大人料金がかかるので、サービスデー等の割引がなければ親子で2,800円。

結構大きいですよね。

2作品で5,600円となると、かなりの節約です。

 

並ぶ必要がない

ドラえもんなど人気のある映画は、公開から日の浅い土日は並ばないと立ち見すら出来ませんよね。

私の住む地方の映画館でも、上映時間よりかなり早い時間から長蛇の列です。

 

あらかじめ招待人数が決められている試写会なら、並ばなくとも確実に席は確保できます。

もちろん良い席を選びたければ並ぶ必要がありますが、子ども連れで順番待ちの列に加わるのってツライですからね〜。

とはいえ念のため10分前から並んでみましたが、ほどほどに見やすい席に座ることができました。

 

一般公開より早く見られる

一般公開前にいち早く観に行けるのもいいですね。

4歳の息子もその特別感をものすごく喜びます。

映画のCMを見るたびに「これ行きたい!行きたい!つれてってー!」とお願いされていたこちらとしてもちょっと得意気に(無料だけどw)。

 

招待券が届くまでのワクワク感

これはおまけですが、試写会に応募してから招待券が届くまで、ワクワク感ハンパないです。

大人になると待ち遠しく思うものって減りますよね。私は減りましたw

それが、約一週間もの間、まだかなまだかな?当たるかな?当たるといいなぁーと首を長くして、郵便やさんが招待券を配達してくれるのを心待ちにするようになります。

で、郵便受けに待ちに待ったものを発見したら。息子と2人、テンション↑↑

ハガキ代だけでこんなに楽しめるなんて、費用対効果すごい☆

 

試写会の応募について

応募時期

大体映画公開日の2〜3週間前から募集が始まります。

私は3週間前になったら毎日ネットでチェックするようにしています。

応募期間は1週間前後とかなり短いので、応募したい試写会がある時は忘れないようにしましょう。

 

応募方法はハガキがオススメ!

インターネットから応募できる場合もありますが、断然ハガキでの応募をオススメします!

往復ハガキなのでハガキ代が124円かかりますが、無料応募のインターネットよりお金をかけた方が当選しやすい気がしませんか?

更に、ハガキに必要事項を記入すると、大抵余白が出来ます。

そこに応募する映画に関連するイラストを自由に描いちゃいましょう!

 

どんな抽選方式なのかは不明ですが、応募締め切りから当選通知の到着までは数日であることから、人が選んだものを当選としているのではないかと。

カラフルなイラストで、是非鑑賞したい気持ちをアピールします( ̄▽ ̄)

…アイマスクをしてハガキを選ぶ方法もあるようなのでなんとも言えませんが。

 

いつも適当なイラストしか描かない私がこの時ばかりは本気になるので、子どもは喜びます。

 

というわけで、試写会は良いこと尽くしです。

私は子どもが生まれるまで試写会の存在を知っておきながらなぜか応募するには至りませんでした。

きっと私みたいな人はたくさんいるはず!

観たい映画がたくさんあって節約したい!そんな時は、試写会、オススメです。